スキドク。- スキマ時間の読書記録。


スキマ時間の読書記録。
by masutong
Link
以前の記事
最新のトラックバック
[紹介御礼]「スキマ時間..
from 『成功ハックス』公式ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
第1回レバレッジサロン@..
from 読書I/O日記
カテゴリ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:ビジネス書( 32 )


レバレッジ・リーディング

本田 直之さんの著書。

自分はこの本から本田さんの本を読むようになった。
また、多読ということに価値を見出すきっかけにもなった。

以下、読書メモ
---------------------------------------------
必ず読みながら重要なポイントに線を引き、
印をつけ、ページの角を折る。

「あとでまとめてメモしよう」と思っても、絶対に無理。

「自分だったらどうするか」

本当にいい本は繰り返し読むべき。

レバレッジメモをブラッシュアップし、繰り返し読んで身につける。

まずビジョンを作ること、それがすべて。

知識に経験が加わってはじめて、物事は「できる」ようになる。

習慣になるまで、いやになるほど反復しなければならない。
---------------------------------------------

▼実践したこと
レバレッジ・リーディングを読んでレバレッジ・リーディングのレバレッジメモを作成した。

この本を読んでから、ビジネス書を読む際は、
その本から得たい目的を決めてから読むようになり、
毎回レバレッジメモを作成するようになった。

本を汚さずに読むのではなく、重要な箇所に赤ペンを引き、ページの角を折り、
この本からのリターンを得てやるという気持ちで読むようになった。
本は汚してナンボと思うようになった。

レバレッジメモを読み、そのレバレッジメモに対して赤ペンで自分の意見を追加したり、
質問を作成した。

本田さんがどのような人か見てみたいと思い、
ファイナンシャルアカデミーのスペシャルライブ2008に参加した。
http://www.f-academy.jp/seminar/1748.html


スペシャルライブ2008を最前列にて参加したが、
その際に本田さんと対談した『お金の脳トレ』著者である泉正人さんを知った。

これを機にファイナンシャルアカデミーと泉さんを知り、
また、「仕組み」仕事術のコンサルティングキャンペーンに応募することとなった。

コンサルキャンペーンの詳細はまた後日。
[PR]

by masutong | 2008-08-13 00:12 | ビジネス書

最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術


日本ファイナンシャルアカデミーの代表取締役、泉正人さんによる一冊。

タスクに対する「作業系」「考える系」という視点や、
仕事を選択する基準は「重要度」ではなく「処理時間」という考え方は
今までの自分には無かった。

「時間が足りない!」と言う前に
「時間を作り出す工夫をしたか?」を考えるようになった。

以下、本書を読んで実践したこと。

①「朝やることリスト」の作成

朝は時間が足らない!と朝起きてから家を出るまで
何をやっていたのか時間がぎりぎりになってしまうことが多くあった。
そのために朝起きてから家を出るまでのやるべきことをリスト化。

▼仕組み化後:
何も考えずにリストの順番通りに行動した結果、
リストが無い頃よりも10分程度の余裕ができた。

朝はとにかくめんどくさいという気持ちが強いが、
感情を無視して何か一つでもいいから手をつけてしまうと
意外とそのまま次への作業に取り掛かることができた。

その「何か」を手助けしてくれるのがリストだと実感。

②会社での「出社後やることリスト」、「帰宅前やることリスト」作成

出社直後と帰る前はやることがルーティンだったのでリストを作成。

▼仕組み化後:
朝から一つずつチェックをつけていく達成感が
仕事の取り掛かりのよいモチベーションへと繋がった。

勤怠管理などたまに忘れてしまうときがある何気ない小さなことも
漏れがなくなった。

③レバレッジメモ・リーディングタイム

ビジネス書を読んだ後にはレバレッジ・リーディングで推奨されているレバレッジメモを
作成してはいたが、それを読む機会が定期的になかった。

そこで、「会社から自宅へ向かう電車内ではレバレッジメモを読む時間」とルールを決めた。

▼仕組み化後:
いつか読もうと思うものは結局読まない。
1日の中の「この時間はレバレッジメモの時間」と決めることで
レバレッジメモを読むことが習慣になった。

④メールによる出費管理
私は家計簿をつけているが、
平日の友人との昼食や夜の飲みなどレシートが個別に出ないものに関しては
家計簿への入力漏れが発生していた。

そのためレシートが無い出費に関しては携帯メールで「800昼食」のように
件名に「"金額""項目"」とフォーマットを決めGmailへ送信するルールを決めた。

▼仕組み化後:
メールで送るので日付も同時に管理できて便利。
家計簿もレシートが無いものによる使途不明金が減った。

まだこれだけしかしていないが、もっと仕組み化できることは大量にある。
難しいことが書いてある訳ではなく、あっという間に読めてしまう本だった。

読んで損はなく、ぜひオススメしたい本だ。
[PR]

by masutong | 2008-05-06 21:29 | ビジネス書