スキドク。- スキマ時間の読書記録。


スキマ時間の読書記録。
by masutong
Link
以前の記事
最新のトラックバック
[紹介御礼]「スキマ時間..
from 『成功ハックス』公式ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
第1回レバレッジサロン@..
from 読書I/O日記
カテゴリ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


今週の振り返り

今週のエントリーを振り返ります。

●3/16 [書評:010]「続ける」技術
「ターゲット行動」、「ライバル行動」という行動の種類の分け、
行動を増やすのか減らすのかという基準が得られた。

●3/17 [書評:011]すごい「実行力」
気合や根性ではなく、自分の必要性や利点があると思えれば行動できること、
また、大きな目標は小さく分解してしまえば続け易くなるということを知った。

●3/19 [書評:012]超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
いかに無駄な行動が多く、それに気付かないで過ごしていたかを気付かされた。

●3/22 [書評:013]超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン
人はいかに自分基準で他人を指導してしまうかを思い知った。

▼今週の読み返し本:
今週は主に行動科学についての本を読んだので、その行動科学をさらに活かしてくれる本をチョイス。
レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳─
東洋経済新報社
発売日:2008-03-28
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 時間の家計簿: 使い慣れるには時間がかかるが慣れると習慣にできる
おすすめ度4 一冊だけなら・・・
おすすめ度4 時間を意識化するツール
おすすめ度4 寧ろ、日本人のメンタリティの方が興味深い。
おすすめ度3 本田直之氏の頭の中身を具現化した本?

行動科学においてはメジャーメント(計測・測定)が非常に重要ということでこの本。
この本は読むことが目的でなく、実際に用意されているフォーマットに自分で
ゴール設定や習慣の記録をしていくことがメイン。
私はこの本自体ではなく、1か月分コピーしたものを自分の手帳に挟み込み使用している。

▼関連記事:
「レバレッジキャリア」自分にレバレッジをかけ、少ない労力で大きな成果をあげる!に参加した。 (2008年 11月 01日)
[PR]

by masutong | 2009-03-22 23:56 | ビジネス書

[書評:013]超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン


部下を育成するためには、そのための「教え方」を学ぶ必要があるのです。

部下教育のための設計図の作り方がわかる本。

仕事ができる部下、できない部下という相手の能力に関わらず、
短期間で誰にでも効果がある育成方法論(インストラクショナルデザイン)が書かれている。

また、行動科学をベースにADDIEモデル、ガニェの9教授事象を使用し、
教育で学んだことを日常の業務で活用できるようにする。

スポーツでの名選手は必ずしも名監督ではないのと同じように、
企業においても、自分自身を高める技術と人を育てる技術は全く別物である。

部下が思い通りに育たない、効率よく効果的に部下を教育したい人におすすめ。
[PR]

by masutong | 2009-03-22 23:44 | ビジネス書

[書評:012]超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法


いい仕事は「整理」をすることから始まるのです。

セルフマネジメントの教科書というべき本。
整理という言葉は整理整頓のという意味で使われることが多いが、
本書では行動における不要なものを取り除き、重要なものに力を入れ、
目標達成のための行動力を強化する方法についての内容が書かれている。

整理ができない原因は ①やり方そのものがわからない、②継続の仕方がわからないの二つ。
本書に書かれている行動科学による4つのステップを用いることにより、
自分の行動、環境、時間の整理のやり方とそれらを継続することができるようになるだろう。

環境を整理するにあたって、[すでに整理された状態をイラストや写真で明示しておく]など
いつ、誰が、どこでやっても同じ結果を出せるコツが満載。
視覚支援プログラムを活用するなど、今まで整理に関する本を読んだことはあるが
本書ほど具体的で視覚に訴える書き方をしているのは初めて。

自分の頭の中、そして行動が整理された状態になるにはうってつけの一冊。
[PR]

by masutong | 2009-03-19 23:55 | ビジネス書

[書評:011]すごい「実行力」


夢を実現する人は、才能や実力、運の強さ以上に、「実行力」がすごいのです。

行動することが楽しくなるようにさせてくれる本。

①行動の動機付け条件をつくる、②行動を測定する、③行動を妨げるものを排除する
という実行力をつける為の三つの方法が細かく説明されている。

人はニード(必要性)とメリット(利点)を得るために行動する、という点が響いた。
ポイントカードによるご褒美システムや、チェックリストによる実行したことのチェックは
まさにその行為が自分にとって喜びを感じることなので、その行動を続けてしまうのは納得。

また、長期的な目標に対しては、スモールゴールをたくさん設定し、行動の分解を行い、大きなものでも細かくすることで実践可能なレベルになれば続けることができる。
塵も積もれば山となるのだ。
[PR]

by masutong | 2009-03-17 07:45 | ビジネス書

[書評:010]「続ける」技術

「続ける」技術
フォレスト出版
発売日:2006-10-20

「行動に焦点を当てていないから続かない」

新しい習慣を始める前には必読な本。
行動という視点から物事を継続させる為の実践的な解説が付されている。

自分の行動を増やすもの(不足行動)なのか減らすもの(過剰行動)なのかを見極め、
そして標的となる行動(ターゲット行動)の為に取るべき行動は何なのかを知ることができる。

また、行動科学はメジャーメント(計測・測定)のステップを重視しており、
自分の行動を評価することでモチベーションと目標達成意欲の維持に繋げている。
行動科学の入門書として最適な一冊。
[PR]

by masutong | 2009-03-16 23:24 | ビジネス書

今週の振り返り

今週のエントリーを振り返ります。

●3/10 ブログ名変更のお知らせ
ブログ名を変更しました。

●3/14 [書評:009]「手帳ブログ」のススメ
シゴタノ!の大橋さんの著書。
さっそく本書に書かれている週に1度エントリーを振り返る「週記」を始めてみます。

▼今週の読み返し本:
成功学キャラ教授 4000万円トクする話 (講談社BOX)
講談社
西島 大介(イラスト)
発売日:2006-11-01
おすすめ度:4.5
おすすめ度5 これは良書。
おすすめ度5 素直におもしろかった。
おすすめ度4 結構信じた
おすすめ度5 純粋小説家がビジネス本を書いた。
おすすめ度5 現金があっという間に・・・

最近嫌なことが起きても、この本に書かれている絶対プラス思考を思い出すようになりました。
▼関連記事:
[書評:007] 成功学キャラ教授 4000万円トクする話/ 清涼院 流水さん (2009年 02月 17日)
[PR]

by masutong | 2009-03-14 22:11 | ビジネス書

[書評:009]「手帳ブログ」のススメ


ブログのトリセツと言える本。
ブログを始めたばかりの人や、ブログを始めたがうまくいかない人には特に読んでもらいたい。

ブログのテーマの見つけ方、ブログを生活の中に組み込ませるコツ、マンネリ防止など、
ブログでのよくある悩みとその解決方法が書かれている。

また、自分のブログを読み返すことから自分の考え方、クセがわかり、
視点の変え方、自分の中に眠る可能性の掘り出し方も知ることができる。
[PR]

by masutong | 2009-03-14 21:37 | ビジネス書

ブログ名変更のお知らせ

ブログ名をスキマ時間読書生活から

スキ読(ドク)。に変更しました。

これからもよろしくお願いします!
[PR]

by masutong | 2009-03-10 23:54