スキドク。- スキマ時間の読書記録。


スキマ時間の読書記録。
by masutong
Link
以前の記事
最新のトラックバック
[紹介御礼]「スキマ時間..
from 『成功ハックス』公式ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
第1回レバレッジサロン@..
from 読書I/O日記
カテゴリ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
人気ジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧

タグ:山田ズーニー ( 2 ) タグの人気記事


[書評:003]あなたの話はなぜ「通じない」のか/山田ズーニーさん

f0164863_15124574.jpg
あなたの話はなぜ「通じない」のか
山田ズーニー

ついに宇宙とコンタクト(日本経済新聞)
ついに宇宙とコンタクト(東京スポーツ)

同じことを話しても、信じてもらえる人と
信じてもらえない人がいます。
いったいその違いは何なのか?
信頼されるための条件とは?

そんな疑問を解決してくれる、話が通じるための
コミュニケーション技法をこの一冊から学ぶことができます。
◆目次
プロローグ 想いが通じる5つの基礎
第1章 コミュニケーションのゴールとは?
第2章 人を「説得」する技術
第3章 正論を言うとなぜ孤立するのか?
第4章 共感の方法
第5章 信頼の条件
エピローグ 通じ合う歓び

▼チェックポイント:
情報そのものではなく、「どのメディアが伝えるか?」がものを言うのだ。
何を言うかより、だれが言うか。
あなたはどんなメディアだと思われているだろうか。

「意見となぜ」は、論理的なコミュニケーションの大原則

「考える力」の基礎力は3つある、
問題発見力、多角的考察力、論理的思考力だ。

自分の意見が正しいと言える「根拠」をどこからもってくるか、
それをどういう順序で並べて相手に説明するか。
要は「根拠の配列」だ。

情報は、先に入った方が、あとの情報を既定する。

正論を言うとき、自分の目線は、必ず相手より高くなっている

相手は、あなたが過去からずっと積み上げてきたすべての情報で、
あなたを判断するのではない。
結局は、そのとき相手が持っている情報だけで判断される。

迷ったときは、「相手が知りたい情報」を先に、
その後で、「自分が言いたいこと」という順序で言っていこう。

情報は、配列が命。

自分の身の丈を超えたもの言いは、
逆に、自分というメディアのサイズを小さく見せる。

言葉が通じないのは、通じるだけの信頼関係がないからだ。

自分が理解していないものは、人に伝えられない。

発言の根っこには、その人を発言に向かわせている動機・想いがある。
相手の発言のどこを押さえるか?
1.意見 = 相手がもっとも言いたいことは?
2.論拠 = その理由は?
3.問い = どういう問いに基づいて話しているか?

▼実践!!!:
この本を読み実践したこと。
1.自分の過去の話が通じなかったと感じた事例のリストアップ、
またその際の相手と自分との関係の確認

▼感想:
話が通じるためには信頼関係が重要であり、
そしてそのためには自分の『メディア力』を
高める必要があることを知りました。

他人に対して時間や約束事を守ること、
周囲に対する発言、態度など、
日常での自分の行動がメディア力を作っています。

論理的テクニックの前に、まずは信頼関係の重要性、
そして日常の人との接し方を見直すよいきっかけになりました。

▼関連記事:
[書評:002]伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニーさん (2009年1月14日)
[PR]

by masutong | 2009-01-18 15:33 | ビジネス書

[書評:002]伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニーさん

f0164863_7444846.jpg
伝わる・揺さぶる!文章を書く
山田 ズーニー


ほぼ日刊イトイ新聞で
『おとなの小論文教室』のコラムを
連載中のズーニーさん。

そんなズーニーさんが自分の頭で考え、
良い文章を書くための戦略と
表現の技術を教えてくれます。

◆目次
プロローグ 考えないという傷
第1章 機能する文章を目指す
第2章 7つの要件の思考法
第3章 伝わる・揺さぶる!文章の書き方-実践編
第4章 より効果を出す!テクニック-上級編
第5章 その先の結果へ
エピローグ あなたと私が出会った意味

▼チェックポイント:
まず、ゴールを明確にすること。
そして、ゴールから逆算して必要なことを、
必要なレベルまでやればいい。

文章の7つの要件
1.意見 -あなたが一番言いたいことは何か?
2.望む結果 -だれが、どうなることを目指すのか?
3.論点 -あなたの問題意識はどこに向かっているか?
4.読み手 -読み手はどんな人か?
5.自分の立場 -相手から見たとき、自分はどんな立場にいるか?
6.論拠 -相手が納得する根拠があるか?
7.根本思想 -あなたの根本にある想いは何か?

文章の基本構成
1.論点 何について書くか。自分が取り上げた問題。
2.論拠 意見の理由。
3.意見 自分が一番言いたいこと。1に対する結論。

自分が言いたいことをはっきりさせ、その根拠を示して、
読み手の納得・共感を得る文章

意見とは、自分が考えてきた「問い」に対して、
自分が出した「答え」である。

▼実践!!!:
1.記事を書く前に『文章の7つの要件』を明確にしてから記事を書いた

▼感想:
伝わる文章を書くには、自分に対して的確な質問をすることが重要だと思いました。

自分が一番いいたいことは何か?その根拠は何か?
質問によって自分の中にある考えを明確にすることができます。

どんなにいい考えやメッセージがあっても、
伝え方が上手くなければ相手に理解してもらうことが難しくなります。
この本で学んだことを活かし、
きちんと自分の言いたいことが書けるようになろうと思います。

▼関連サイト:
・ほぼ日刊イトイ新聞
http://www.1101.com/index.html
・おとなの小論文教室。(※ほぼ日刊イトイ新聞サイト内)
http://www.1101.com/essay/index.html
[PR]

by masutong | 2009-01-14 07:49 | ビジネス書