スキドク。- スキマ時間の読書記録。


スキマ時間の読書記録。
by masutong
Link
以前の記事
最新のトラックバック
[紹介御礼]「スキマ時間..
from 『成功ハックス』公式ブログ
すべての成功すべての巨富..
from 名言ブログ
第1回レバレッジサロン@..
from 読書I/O日記
カテゴリ
検索
タグ
ファン
記事ランキング
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧

タグ:石田淳 ( 6 ) タグの人気記事


今週の振り返り

今週のエントリーを振り返ります。

●3/16 [書評:010]「続ける」技術
「ターゲット行動」、「ライバル行動」という行動の種類の分け、
行動を増やすのか減らすのかという基準が得られた。

●3/17 [書評:011]すごい「実行力」
気合や根性ではなく、自分の必要性や利点があると思えれば行動できること、
また、大きな目標は小さく分解してしまえば続け易くなるということを知った。

●3/19 [書評:012]超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法
いかに無駄な行動が多く、それに気付かないで過ごしていたかを気付かされた。

●3/22 [書評:013]超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン
人はいかに自分基準で他人を指導してしまうかを思い知った。

▼今週の読み返し本:
今週は主に行動科学についての本を読んだので、その行動科学をさらに活かしてくれる本をチョイス。
レバレッジ・オーガナイザー ─自分にレバレッジをかけ、無限大の成果を生み出す実践手帳─
東洋経済新報社
発売日:2008-03-28
おすすめ度:4.0
おすすめ度5 時間の家計簿: 使い慣れるには時間がかかるが慣れると習慣にできる
おすすめ度4 一冊だけなら・・・
おすすめ度4 時間を意識化するツール
おすすめ度4 寧ろ、日本人のメンタリティの方が興味深い。
おすすめ度3 本田直之氏の頭の中身を具現化した本?

行動科学においてはメジャーメント(計測・測定)が非常に重要ということでこの本。
この本は読むことが目的でなく、実際に用意されているフォーマットに自分で
ゴール設定や習慣の記録をしていくことがメイン。
私はこの本自体ではなく、1か月分コピーしたものを自分の手帳に挟み込み使用している。

▼関連記事:
「レバレッジキャリア」自分にレバレッジをかけ、少ない労力で大きな成果をあげる!に参加した。 (2008年 11月 01日)
[PR]

by masutong | 2009-03-22 23:56 | ビジネス書

[書評:013]超!部下マネジメント術-1/3の時間と労力で人が育つ!インストラクショナルデザイン


部下を育成するためには、そのための「教え方」を学ぶ必要があるのです。

部下教育のための設計図の作り方がわかる本。

仕事ができる部下、できない部下という相手の能力に関わらず、
短期間で誰にでも効果がある育成方法論(インストラクショナルデザイン)が書かれている。

また、行動科学をベースにADDIEモデル、ガニェの9教授事象を使用し、
教育で学んだことを日常の業務で活用できるようにする。

スポーツでの名選手は必ずしも名監督ではないのと同じように、
企業においても、自分自身を高める技術と人を育てる技術は全く別物である。

部下が思い通りに育たない、効率よく効果的に部下を教育したい人におすすめ。
[PR]

by masutong | 2009-03-22 23:44 | ビジネス書

[書評:012]超! 自分マネジメント整理術 行動科学で3倍の成果を上げる方法


いい仕事は「整理」をすることから始まるのです。

セルフマネジメントの教科書というべき本。
整理という言葉は整理整頓のという意味で使われることが多いが、
本書では行動における不要なものを取り除き、重要なものに力を入れ、
目標達成のための行動力を強化する方法についての内容が書かれている。

整理ができない原因は ①やり方そのものがわからない、②継続の仕方がわからないの二つ。
本書に書かれている行動科学による4つのステップを用いることにより、
自分の行動、環境、時間の整理のやり方とそれらを継続することができるようになるだろう。

環境を整理するにあたって、[すでに整理された状態をイラストや写真で明示しておく]など
いつ、誰が、どこでやっても同じ結果を出せるコツが満載。
視覚支援プログラムを活用するなど、今まで整理に関する本を読んだことはあるが
本書ほど具体的で視覚に訴える書き方をしているのは初めて。

自分の頭の中、そして行動が整理された状態になるにはうってつけの一冊。
[PR]

by masutong | 2009-03-19 23:55 | ビジネス書

[書評:011]すごい「実行力」


夢を実現する人は、才能や実力、運の強さ以上に、「実行力」がすごいのです。

行動することが楽しくなるようにさせてくれる本。

①行動の動機付け条件をつくる、②行動を測定する、③行動を妨げるものを排除する
という実行力をつける為の三つの方法が細かく説明されている。

人はニード(必要性)とメリット(利点)を得るために行動する、という点が響いた。
ポイントカードによるご褒美システムや、チェックリストによる実行したことのチェックは
まさにその行為が自分にとって喜びを感じることなので、その行動を続けてしまうのは納得。

また、長期的な目標に対しては、スモールゴールをたくさん設定し、行動の分解を行い、大きなものでも細かくすることで実践可能なレベルになれば続けることができる。
塵も積もれば山となるのだ。
[PR]

by masutong | 2009-03-17 07:45 | ビジネス書

[書評:010]「続ける」技術

「続ける」技術
フォレスト出版
発売日:2006-10-20

「行動に焦点を当てていないから続かない」

新しい習慣を始める前には必読な本。
行動という視点から物事を継続させる為の実践的な解説が付されている。

自分の行動を増やすもの(不足行動)なのか減らすもの(過剰行動)なのかを見極め、
そして標的となる行動(ターゲット行動)の為に取るべき行動は何なのかを知ることができる。

また、行動科学はメジャーメント(計測・測定)のステップを重視しており、
自分の行動を評価することでモチベーションと目標達成意欲の維持に繋げている。
行動科学の入門書として最適な一冊。
[PR]

by masutong | 2009-03-16 23:24 | ビジネス書

『超!自分マネジメント整理術』刊行記念イベントに参加した

エントリーが遅れたが、先日
石田淳先生講演会  『超!自分マネジメント整理術』刊行記念イベントに参加した。


f0164863_21122181.jpg
超!自分マネジメント整理術
石田淳



本書に一番書きたかったこと

「物事は全体を見てなんとかしようとしてもできない。」

「できる社員が欲しい」という要望。
⇒どの部署のどこの何ができる人が欲しいと細かく決める

チェックリストのビジュアル化。
机の引き出しに、どこに何を置くのか描いておく。
その絵を近くに貼っておく。

誰がやってもわかる。

「具体的に何をすればいいかを明示しているだけ」

自分にとって力をつけたい

なぜ?

何をやるのか

何をもうやらないのかを決める。

視覚支援プログラム
絵で何をやるかが描いてある。

新しく来た人がそれを見て行動する。

誰が来ても同じことをやる。

「これ以外のことをやる必要はない!」

迷わない

やると評価してもらえる。

何をやればいいのか? 何をしなくていいのか?
どうやって継続する環境を作るか。

自分の片腕が欲しい

何ができる人が自分の片腕なのかを決める。

「どの行動だけをやり続けるか?」

ピンポイント行動

意識している時間:習慣の行動 = 5:95

習慣化しないと成功できない。

英語が勉強したいなら、NHKの15分の英語講座をiPodで聞けばいい。

みんなできない。

毎日30分勉強する人と全く勉強しない人

3年後に16倍の差

どのような環境作りをすればよいか?

一人でやらない。仲間を作る。
仲間がいない場合は?⇒ブログで書く、SNSを利用する。

ダイエットしている人達がグループを組んで、互いに報告をしあっている。

レコーディングダイエット⇒居酒屋で飲んだものや食べたものなど記録できない。

「急激な行動の変化は続かない」
⇒少しずつ変えていく。

1.スモールゴールをたくさん作る。

2.必要性とメリットを必ず書く。

いきなり始める人は失敗しやすい。

まずは設計する。必要性とメリット。
⇒いつまでにラストゴール。
⇒計測可能なゴールを決める。
⇒サブゴールを決める。
⇒1週間に1回はご褒美。
⇒まず3日でご褒美。
⇒計画の段階でご褒美を決めておく。

「人間は快を求めて、不快を避ける」

習慣はまず3日、その次1週間。

決して無理な目標を立てない。

新しい習慣を始める際は、
いきなり毎日やるのでなく、まず1週間のうち4、5日やる。
行動は少しずつ変える。

●人ができない理由
1.やり方がわからない。
2.わかっているが続かない。

やる行動の数は1つか2つ
せいぜいやって3つ

どの行動を毎日やるか決める。

ダイエットなら、
1.運動量を増やす
2.食事を減らす
の2つ両方やるのでなくどちらかに絞る。

意思の力、モチベーションは短期間なら可能。
⇒意思の力、モチベーションに頼らない環境はどう作るか?

◆問題:下記項目は「行動である」、「行動でない」のどちらか。

1.モチベーションを上げる。
2.コミュニケーションをとる。
3.やる気を出す。
4.信頼関係を作る。
5.絆を強くする。


答え:全て「行動でない」。

◆解説:
1.モチベーションを上げる。
⇒上がったかどうかなんてわからない。

2.コミュニケーションをとる。
⇒メールすること?何をすることがコミュニケーションなのかわからない。

3.やる気を出す。
⇒やる気が出たのかなんてわからない。

4.信頼関係を作る。
⇒具体的な基準がわからない。

5.絆を強くする。
⇒具体的な基準がわからない。

見るべきものは部下の「行動」
⇒セルフマネジメントでも同じ。

他人の内面は変えることができるかもしれないが、
変えられないかもしれない。

◆MORSの原則(具体性の原則)
1.Measured(計測できる):数値化できる
2.Observable(観察できる):誰が見てもわかる
3.Reliable(信頼できる):誰がやっても同じ結果
4.Specific(明確化):誰が何をするのかわかる

「しっかりやりなさい」
⇒何をしていいのか不明。

「人は評価されないものは行動することができない」

カレンダーに○をつける、ポイントカードをつけるなど、
具体的なアクションに残す。

ご褒美を設定する。

「できるリーダーの指示は具体的で明確な言葉である」
⇒言語化

「行動をしたら評価する」を必ずやる。
それがないと継続させるのは難しい。

目的だけ与えると2%~3%の人が続く。

できる環境を作ると50%~60%の人が継続できる。

行動を起こしたら結果を評価する。

自分マネジメント・ノートをやってみる。

無理は絶対にしない。
楽に楽しくできる環境を作る。

それでも続かなかったら?
⇒またやってみる。無理を減らす。

3ヶ月続ければ習慣になる。
⇒ちょっとでいいので、まず3週間を目安に続けてみる。

空いた時間を使ってプライベートを楽しんで欲しい。

物事は分解して改善する。
「楽しく楽に継続できる環境を作る」
少しずつ長くやる。
0か1かで考えない。

▼実践したこと---------------------------------------------------
1.自分マネジメント・ノートを作成し、
目標、ラストゴール、スモールゴール、ピンポイント行動、
ご褒美、サポーターを記述した。

2.(本書を読んでの内容実践)名刺が溜まっていたので、不要な名刺を捨てた。
捨てた名刺の基準は1年以上連絡を取っておらず、
今後も取ることがないと思われる人。
[ビジネス]と[セミナー・勉強会]の2分類に分けてファイルに収納した。
ビジネス…業務で出会った人達。
セミナー・勉強会…セミナーや勉強会で出会った人達。
※データ整理のルール決めを行った。
▲----------------------------------------------------------------

石田さんの話し方は堂々としていて、そして丁寧、
かつ重要なポイントを2回繰り返して言ってくれて聞きやすかった。
そして何よりかっこいい。俳優のようだった。

サイン会でも一人一人会話をしてくださり、
お礼のメールをしたところ、返信をいただき、
また私のブログを拝見していただいたようで
泉さんや本田さんとJBNでのオーストラリアでの講演があることを
教えていただいた。

JBNの今後の活躍に期待。
[PR]

by masutong | 2008-10-14 21:45 | セミナー・勉強会